[Python]株データのCSVファイルをスクレイピングで取得する-GUI化

[Python]株データのCSVファイルをスクレイピングで取得する-GUI化

こんにちは、前回書いたこちらの記事


こちらの記事の続きで、プログラムをGUI化させて運用しやすくしましたので、紹介します。

準備するもの

前回の記事と同じで、seleniumとchromedriverのインストールをお願いします。

概要

前回はプログラムから銘柄コードやフォルダの選択をしなければならならが煩わしく、前にTkinterの勉強をしたので、せっかくならと思い簡易GUI化することにしました。

GUI化といってもやることは簡単でフォルダ、銘柄コード、西暦のテキストボックスを入力させるようなものを作るだけです。
以下参考

実装コード

実行するとこんな画面が表示されます。

参照ボタンをクリックすると

フォルダ選択ダイアログボックスが表示されますので、任意のフォルダを選択しましょう。

続いて、銘柄コードと西暦を入力します。

この状態でスタートボタンを押すと取得を開始します。
取得を完了すると、終了のメッセージボックスが表示されます。

まとめ

実装したコード自体はすごく簡単ですが、見た目上は中々アプリっぽくなったのではないでしょうか。
まだエラー処理などは考えていないので、予期せぬエラーは起こり得るかもしれません。

ちなみにですが、これを.exe形式に変換すればアプリとして活用できます。
以下参考

Pythonカテゴリの最新記事